伝えたいことがあるんだ、大事なことだから、ぜひみなさん気づいていただきたい

f:id:ito_yoshinori:20161226101011j:image

 

2016年のクリスマスはみなさんいかがお過ごしでしたか?
今年のクリスマスは23日から三連休と世の中の男性はさぞ苦労されたのではないだろうか?
特に不倫とうい普段は羨ましい行為をされている方々にとっては、イブが土曜日とのことで、家族を選ぶか恋人を選ぶかさぞ思考回路をフル回転して、悩みに病んだ結果の選択をされた2016年の思い出深いクリスマスであったであろう

ちなみに私はぼっちクリスマスという最近の流行りに乗って見たくて、昨日は少しリッチに松屋のカルビ定食にオシンコとビールをつけて、お祝いをしてみました


…最高だったよ〜〜…ぼっちクリスマス、イエイ!

 

 


…さてみなさん、クリスマスが終わり、いよいよ年末モード!
来年はもっといい年にしよーだの、おせち料理食べたくないな〜だの、もちで窒息死しないようにしようだの、いろいろお考えであろうが、少し待っていただきたい!


ひとつ大事なことをお忘れでないだろうか?


ん?紅白歌合戦


SMAPの解散?


大掃除??

 

オーマイガー


わすれないでYO

 

いやいや、この2016年のもっとも重要でかつ、センシティブ、スペシャリティなイベント♡

それであってエレガントでエクシペンシブかつチープで崇高なイベント♡

それは、この世の至宝、未来ある若者、大いなる継承者、そう小職こと、伊藤の生誕祭、ハッピーバースデイ、お誕生日だYO


つい先日も告知させていただいたので、皆様もスケジュールにしっかり記載していただき、さぞ、私が想像もできないサプライズをご用意してくれているのだろうが、あと2日待ってね♡


まだ、イプイプなの♡


本当に皆様にはお待たせして申し訳ないと、心からお詫び申し上げます

母がもう2日早く産んでいれば、みなさんをこのようにお待たせすることがなかったと考えると、少しいたいけない気持ちになるのである


ああ、母さんん、なぜ2日遅く産んだんだぁぁ…


この事態にはげしく後悔と憤りしているぅぅ

 

さて、それはさておき、バースデイにお祝いをいただく皆様にトリセツをお伝えしておきたい


私の誕生日当日になるとフェイスブックには『今日は伊藤宜範さんのお誕生日です♡お祝いメッセージを送ろう♡』と告知があるはずである

 

まずは、全員がもれなくメッセージをわすれずに必ずおくってね♡

その際はやっつけ仕事のような『お誕生日おめでとうございます。』と予測変換を使った定型文で、投稿はできればやめてほしい…

イヤ、ゼッタイヤッチャダメ♡

皆様の心温まるメッセージを、首を長くして待っています
ホットなメッセージをプリーズ
できれば、♡や絵文字、イメージ画像をふんだんに、まるで恋人のようなあつーいメッセージを待ってます♡

 

愛のあるメッセージにはスペシャリティな愛のあるメッセージでお返しするので期待しててくださいね♡


さあ、今日も俺顔張るぜ♡

とりあえず…

f:id:ito_yoshinori:20161216121034j:image

 

年末も近づき、いよいよ今年も残り僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか
さぞかし忘年会という名の、楽しい飲み会で、暴飲暴食の日々を過ごされているのではないでしょうか?
私も皆様と同じく暴飲暴食の日々に加え、散財、浪費というジレンマを抱えております今日この頃です


さて、最近悩み事がある
これは世の中の男性諸君が同じような悩みを抱えているのではないであろうか
紅白はどちらが勝つんだろうとかトランプ政権にいよいよ移行することであったりとか成宮くんがゲイ…ノウジンを引退するとかよりもより身近で切実な悩みである


それは、忘年会での取引先との談笑や来年へ向けての関係強化などの建設的な話もクライマックスを迎え、宴もたけなわな頃、お互いがソワソワし始まる


おしっこを我慢しているわけではない

 

そして、我慢できず、どちらか一方が


『…次はどちらにいきますか…ハイ』


と口を開くと、決まってお互いの顔色を伺い、


『あ…とりあえず〜…女の子のいるところにいきますか』


そう、とりあえずなのである

特に二次会にいく必要もないはずだ

これ以上の建設的な話は一切ない

来年へ向けての関係強化も確認できた

おんなのこが必要な理由は全く見当たらない

でも、とりあえずなのである…

 

忘年会という公の行事の名の下、とりあえずキャバクラやクラブに行きたいのである

 


程なく、様々な客引きや案内所なるものから情報収集し、あーでもないこーでもないと議論を積み重ね、そして今日のお店を決めて、足早にその店へ向かう


入り口の看板を見ると、出会ったことのないくらいの多くの美女たちの写真が『いらっしゃい〜〜♡』と我々を誘惑し、そして我々を大いに期待をさせる

 

お!オ!!この店はこんなにきゃわいぃ子が多い店なんだぁぁあ

 

うん、今日は、楽しめそうだ、ムフフゥ

 


そして少し背伸びをし、髪型とスーツの襟とネクタイを整え、私はお金持ちでクールな紳士だとスマートなふりをして、颯爽と店に入るのである
薄暗い店内は、活気に溢れ、可愛く見える女の子たちが、他の男性を接客している


ぉぉお!レベルたかそうじゃないか!ウン


お酒も入っており、薄暗い店内のおかげで、本当にみんなかわいくみえる


そして程なく、女の子を紹介される


『マミちゃんです』

おお!いーじゃないか!全然好みなんだけどぉぉぉ!


はじめましてマミですぅ♡
おなまえはなんですかぁ♡
どんなお仕事されてるんですかぁ♡
お年はおいくつなんですかぁ♡
ご結婚されてるんですかぁ♡
どこに住んでるんですかぁ♡
お若いですねぇ♡
すごいですねぇ♡
素敵ですねぇ♡
おしゃれぃー♡
モテるでしょぉ♡
かっこいいぃ♡

たてつづけに、彼女は個人情報の収集とお世辞のコンビネーションでたたみかけてくる

そして最後に


ライン聞いていいですかぁ♡


気分良くなった私は疑いもなく、自分のQRコードを差し出し、相手のラインもゲットする

 

そして、次の女の子が紹介される

『ユリアさんです』

お!また、かわいい…全然好みなんだけど

また、同じように個人情報を彼女へ曝け出し、彼女のおべっかに心を打ち砕かれ、
そして最後にラインの交換をする

 


うん!

 

 


うん、いいよ

 

 

 


オッケー♡

 

 

 


モウマンタイ!

 

 


何人交換しただろう…

私はお酒と彼女たちの魅力に酔いながら、程なくとりあえずのライン交換会…忘年会二次会を終了した…

 

 

 


朝起きると私のラインの新しい友達は9人も増えていた
曖昧な記憶を思い出すかのように彼女たちのタイムラインやトップ画像をストーカーのように覗き込む

フムフム…

なるほど…


ほー…

 


うん…

 


曖昧な記憶は彼女たちのタイムラインやトップ画像を見ても全く思い出せない…

 

こんな女の子と話したかな?
まあ、いいか…うん

 

そして、おもむろに彼女達から届いていたラインに一斉に返事をする

 

昨日はごちそうさまでした♡本当にありがとうございます♡

いえいえ、こちらこそマミちゃんみたいな可愛い子といれて幸せだったよ!

 


昨日はごちそうさまでした♡ほんとに楽しかったです♡また一緒に飲みたいな

ありがとう♡ユリアちゃんにそんなこと言われるとドキドキしちゃうな!是非また飲みましょう!

 


この不毛なやりとりを新しい友達9人と繰り返し、忘年会のたびにやりとりする女性がどんどん増えていく…


もはや今年はすでに63人の女性とやりとりを継続している

 

そして彼女達は私をなんとかお店へ誘導しようとあの手この手の攻撃を繰り出し、私はその彼女達の攻撃を紙一重でかわしている…


誰かこのラインのやりとりの効率的な処理の仕方と出口戦略を教えてください…

 


〈皆様へのお知らせ〉

再来週12月28日はいよいよ皆様が待ちに待った私の42回目のバースデーです♡ヤッホィ!

お祝いしたいとはやる気持ちは重々わかりますが、もうしばらくお待ちください♡

12月28日ですよ、みなさん♡

↓送り先はこちら↓
東京都新宿区新宿6-24-20KDX新宿六丁目ビル9階 株式会社絆コンサルティング
誕生日プレゼント受付係宛

ネタ的なプレゼント大大大歓迎です♡
是非メッセージを添えてくださいね♡

当日皆様からの誕生日プレゼントを首を長くして心待ちにしている私の健気で純粋な姿を是非ご想像してくださいね♡

 

 

婚活パーティーの物語は予定調和でなかった

f:id:ito_yoshinori:20161212160353p:image

 

12月にも入り、いよいよ寒い季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はこの気候の激しい変化についていけず、風邪をこじらせてしまい、不穏な日々が続いております今日この頃です
残すところ約20日で今年も終わるかと思うと、悔いばかりが残ります

実は私は結婚してすでに17年経過していますが、どうしても婚活パーティーなるものを人生の経験として味わってみたいと思い、婚活パーティーに先日参加してみました

やはり参加するには、明確なビジョンを持ち、大いなる目標が必要だと、婚活ビジョンをたててみることにした


そう壮大な婚活ビジョンを!


私の最終目標は、この婚活パーティーでカップルになること

そのためには、極めて初心者であるが、さも達人の域に達した熟練者となるべく、グーグル検索という至宝のツールに大いに頼り、出来る限りのナレッジを溜め込み、婚活博士と言われるほどの知識を蓄積し参加したはずたった


そう、はずだったのである


それは、プロフィールタイムを終え、フリートークタイムに入った頃だった

1番人気であろうかと思われる、至極真面目で、おしとやかで、色白で、顔がとても小さくかわいらしい三十路前の女性とのフリートークタイム最中の出来事であった

彼女の周りには、やはり予想した通り男たちがハイエナのごとく群がりっていた
私の壮大なビジョン達成には、そいつらとの戦いを制し、ゴールの見えない婚活パーティーでのカップルを目指すべく、私もその群れに参戦したのである

 

その中で一際輝きを放ち、目立つ男がいた

 

どうやら職業は弁護士らしいが、とにかく自分の猛アピールをしている

職業から始まり、自分の出身校、今までの彼の輝かしい経歴をこれ見よがしにアピールしている

顔はソコソコイケメンで、きちっとした身のこなしと清潔感のあるスーツスタイルがより一層鼻に付くやつである


本当に胸糞悪いやつだ


スペック的には、普段の私の方が全体的に勝っていると思いたいが、何せ既婚者であると言うことを隠し、職業なども偽り、年収でさえも一般サラリーマンのような体できている今日の私には到底太刀打ちできない相手であるのは一目瞭然である

そして周りの群がっていた男たちもこの弁護士とは戦えないと、いや戦っては怪我をすると理解をし、早々に他のランクを落とした獲物へと離散した

しかしながら、負けず嫌いの私はこの戦いを逃げるわけにいかず、気付けば私とこのイケメン弁護士との一騎打ちとなったのである


彼女は、正直負け戦だと思われているこんな私にも気遣い、2人に同じ質問を投げかけてきた

〈人気者の三十路女〉
『お休みの日はなにをされてるんですか?』

〈鼻に付く弁護士〉
『乗馬やったり、クラッシックとかきいたりですかね?』

おいおい、なんだよその趣味は…

ちょっとカッコつけすぎだろ

そんなん趣味とか、ちょー気持ち悪いんですけど…

〈人気者の三十路女〉
『わぁ、私お馬さん大好きなんです!素敵ですね。』


え?素敵なの???

お馬が好きなんんんん???


〈鼻に付く弁護士〉
『馬と触れ合ってると心が休まるんです。馬を見ると優しい気持ちになりますよ』


〈人気者の三十路女〉
『ほんとに素敵。よしさんはなにされてるんですか?』

え?俺??

少し動揺しながら私は自分なりのベストな回答を出したのである


『え?ぁぁぁ競馬とかですね。馬と触れ合うと、心がやすまるのかな、たまにいらいらしますけど…馬を見ると優しくなれるのかな、当たったことないからいつも…』

〈人気者の三十路女〉
『ぁぁ、ぁ馬ってかわいいですよね…』

 

少し気まずい空気が流れた…

 

 

その後も質問が続いたが、彼と私のスペックの差をただただ世の中に知らしめるだけの残酷な質問が続いた


そして、フリータイムも残り5分となり、最後の質問が彼女の口から発せられた


〈人気者の三十路女〉
『運命って信じてますか?』

え?

なにその質問!

そんな運命とか、なに三十路になってメルヘンチックなこと言ってるの?

普通に答えられないでしょぉぉぉお


それはさすがにこの弁護士でも答えられないし呆れるでしょぉぉお


本気で三十路間近のあなたのオツムはだいじょぅぶぶぶ?


〈鼻に付く弁護士〉
『今までは信じてなかったんですが、アナタに会えて、信じることができました』

うぉぉぉぉぉぉぉ

まじぃぃぃ

 

気持ちわるーうぅぅぅぅ

 

さすがにこの答えは、誰でも引くでしょぉぉぉぉ

 

地雷ふみやがったーぁぉぁぞぇぇぇええ

 

そうして私は三十路女の方を、少しにやけ顔で顔向けた

さも、どんな引いた顔しているんだろう

もはや口があんぐりじゃないだろうか?

気持ち悪すぎて、逃げ出すんではないであろうか?

様々な期待を胸に彼女に顔をむけたのである

しかし、それは私の期待を大きく裏切るものであった

彼女の目は恍惚とし、頬を赤らめ、唇はやや半開きで彼の言葉を聞き入り、ウンウンと頷きながら、もはや恋する女の目に変わり果てていた


ぇぇぇええええ!?

そーいう感じが好きなのぉぉぉお?


もしかして、アナタニアエテとか、響いたやつ?


今日さっき会ったばっかりじゃんかよ!

 

やべ〜完全にマジ想定外…

 

そして、そのままの流れで想定外の私に無情にも質問の順番が回ってきた

〈人気者の三十路女〉
『よしさんは?』

え?


まじ?

 

これと戦える答えなんて…

 


ヘルプ

 

そして窮地に追い込まれた、草食動物の私にはもう一発逆転を狙うべく、その場で思いついたことを、ダラダラと並べ立ててまくしたてたのである

『ぁぁぁ、あ、運命っていうのは僕にゆ、ゆうきを、与えてくれるとおもわれます
特にゆうきというのは、あ、あ、アナタとこうやって、で、で、出会えたことですぅぁ、た、たぶん…
だから、わたしはアナタと運命のい、イトとかつながってるんじゃぁぁないかなってぇぇ
うん、多分そうでないかな運命とは』

 

わたしのよくわからない返答にしばしその場の空気は凍りついたのは皆様のご察しの通りである

 


婚活パーティーは終わり虚しさだけが残った

 


あの2人は幸せになるのかな

 


さぁ、おうちかえろ

 

 

 

ユキが大っ嫌いだ

 f:id:ito_yoshinori:20161124161303j:plain


あたり一面が雪だった


先日10万円の宝くじ等を購入した私の唯一の希望は、結果1080円になりはててしまった
投資対効果が99%のマイナスという散々な結果に、私はなんてバカな行動を起こしてしまったんだろうと激しく後悔した
また、修理車両の方も保険を使ってもおそらく大きな損失を被ってしまうという事態に結果的になり、これまた激しく憤りを感じている今日この頃である

そして、なんと54年ぶりの11月の東京での積雪である
昨日からなんとなくニュースで聞いていたが、本当に降るとは思ってなかった
できれば本当は降って欲しくなかった・・・
omg。。。
神様はここまで残酷なのか…


なぜなら、私はユキが嫌いだからである


とにかくユキが嫌いだ


本当に大っ嫌いだ


できることであれば存在しないでほしい



冬には札幌には行きたくないし
スノーボードやスキーなどは一切したことがない
将来はユキが降らない地域で一生を終えたいと思っている



その理由は私がまだ16歳の頃、25年前に遡る
私の記憶に深い傷跡を残した出来事である


当時の私は高校1年生

元来私という生き物は女子にちやほやされたいというモチベーションの基本理念のもとに成り立っている

当時の私はとにかく優秀な高校に入れば、女子にモテるのでないかという浅はかな考えのもと、中学校で死ぬほど勉強し、早稲田大学の付属高校へ入学した

中学生の頃は女子に一切見向きもせず、高校生大学生を謳歌すべく、そして人よりも優位に見せたいという願望から死ぬほど勉強し、大学がある付属高校を選んだ

そして、入学を迎えた

いよいよ幸せな青春の高校生活の始まりである

高校生になり、まず初めに体験したことは合コンである
女子との出会いの場、男子と女子がときめく出会いの場
合コンとは、当時の私には夢の楽園のように思え、その経験をするときがきたと改めて自分は幸せ者だと胸が高まったのである

さて、どんな出会いがあるのだろう

初めての合コンとはどんな風なものなのであろうか?

運命の人に出会えるのであろうか?

かわいい子はいるんだろうか?

初体験とか済ませられるのかな?

様々な期待と欲望を胸に抱き、はじめての合コンに参加した

お相手は、O妻女子の附属高校の1年年上の2年生で1年生の私たちにはお姉さんたちとの合コンということでさらなるときめきと期待感を持って臨んだのである


さあ、合コン会場にレッツゴー



ドキドキ



ドッキドキ





とぅるっとぅトゥルトゥル・・・・・




しかしその淡い期待は、一瞬にして崩壊した
もはや秒殺である
かの明智光秀の3日天下よりも、秒速で1億円何ちゃらなどとも比較にならないほどの速さである
早◯の方も安心していただきたい
それよりも多分早かった・・・・


何を私たちは期待していたのだろう?



このこれから始まる戦いにもはや意味など見出せるだろうか?



日本独特の「かわいい」という形容詞はこの場に存在してはいけないと初めて実感した



そして私の貴重な初体験は絶対にここで安売りしてはいけないと心に誓った




そしてまもなく自己紹介がはじまった


はじめに一番関わりたくない物体が口を開いた


その物体は、コギャルの代名詞をもとに肌は汚く黒光り、髪は「けばけば」で、小錦ばりの巨体を揺らしながらこうつぶやいた

「ユキって言います!私の好みは正面にいる人 vキャハv」

これは俺のことか?




俺のことを好みって言ってるのか?





何を言い出したんだこいつは・・・


 

 

 


キャハって何だぁぁぁぁぁっっぁ





できる事であればこの状況から、早く逃げたいぃぃぃぃぃぃぃ





ウゴォォォァォアもあんcんcアシァ



彼女は、私を合コン素人ということをいいことに子鹿のごとくロックオンをし、ハンターのごとく私の初めての経験に狙いをつけた

私は子鹿ながら必死に抵抗をし、彼女の巨体から繰り出す密着攻撃を避け、けばけばな髪の毛でのキューティクルから程遠いかきわけ攻撃をかわし、命からがらこの状況を脱したのである

この時、本当にハンター「ユキ」から逃げ切ることができたのは奇跡としか言いようがない

その後「イエスの奇跡」ならぬ「伊藤の奇跡」と学校内噂になったのは言うまでもない

そして、この日より「ユキ」が大っ嫌いになりトラウマになった




今日は雪が降った

ハンターは何をしているのだろう

今あの時私が奪われていたらどうなっていただろうか

外に出たら、「雪」のせいか「ユキ」の思い出のせいか身震いをした



全国のユキさん…すみません

当たり屋

ハロウィンの悪夢から一昨日の事故に至るまで、本当についていないのではないかと自問自答し、自暴自棄になりかけていた今日この頃・・・・


一昨日からは車を運転するという行為が少し怖くなってきた・・・・


さて、現在までの事件事故状況と交渉状況をおさらいしておきたい


10月31日 日本での交通事故

首都高にて先方の急な車線変更により、当方の車に映画のカーチェイスばりに車の右側に大きく接触。

現在、先方保険会社と交渉中であるが、先方は過失割合が90%で当方に過失割合が10%だと主張。。こちらは何も悪くないのに、なぜそうなるかをもう一度交渉中。

しかも修理費が思った以上に高く、代車費用もバカにならない状況である


10月31日 ハワイでの盗難事件

皆様のアドバイスにより、アメックスの海外保険及びショッピングプロテクションを併用し保険申請。

保険申請において、盗難届けが必要とのことで、現地警察に盗難届を出しにいたところ、鼻毛がぼうぼうの警察官に保険金目当ての詐欺と勘違いされ、「ゲットアウト」「シャラップ」「ゴーアウェイ」と恫喝され、盗難届を断念・・・

しかしながら、同行者での第三者の証明があれば、保険が認証されると確認し、11月13日に申請。

18日の本日とりあえず海外保険の10万円が返金あり。

21日の月曜日には残りの残額をお振り込みいただけるという。

アメックスさん素晴らしい!


11月16日 日本での交通事故

相手が台湾の人ということで、在留期限も残りわずかであるが、全て先方が悪いと念書をいただくことで、現在保険会社の弁護士を利用して、損害賠償交渉中。少し気の毒な気がするが、こちらが損失を被るわけにもいかないので、全額補填頂く方向で進めています



これを改めてみると、ついているかついていないかで言うとついているんでないかと思ってきた。

その理由としては、一つ目としては、誰も傷ついていないという事実

交通事故においてはもちろん、スリにあっても強盗ではなかったということも含め、つくづく運がついているなと実感した


そして二つ目としては、ほぼ損害がないということ

これはもう全て保険か何かしらで、ほとんど無傷と思えるくらいの返金をいただいて行く予定なので、一時的な損害こそあったが、結果損害が極小という点でついているなと改めて実感。


さらに悪いことをここ3回も立て続けに起こったので、ついている悪いものを払い落とした気分なのである


もうこれはさらに何かあるんではと思い、下記をチャレンジすることにした


1、BIGを5万円分買ってみる


f:id:ito_yoshinori:20161118172043p:plainf:id:ito_yoshinori:20161118172222p:plain


2、競馬のGIマイルチャンピオンシップを1点買い「11月16日」にちなんで11−16を2万円買ってみる


明日買います


3、ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズをそれぞれ関連する数字で買ってみることに

11月16日、10月31日、自己の時間12時26分01秒、平成28年これに関わるロト7を62口、ロト6を2口、ミニロトを2口、ナンバーズを2口購入


f:id:ito_yoshinori:20161118172246p:plainf:id:ito_yoshinori:20161118172258p:plain


4、10万円分宝くじを買おうと思ってたので、残り1万円強は今やってる宝くじを50口購入


あとで写真載っけます



むフゥフゥフゥフゥゴァ・・・・・






さあ、当たれ!







当たってしまえ





私の車に突っ込んできた数々の当たったもののようにこいつらも当たってしまえぇぇぇえぇぇぇぇぇ








みなさん、当たってもたからないでください

ここで一生分の運を使い果たしますので・・・・


来週からは金持ちで間違いない

それも宝くじ成金になってしまうと思われる


楽しみだ

福岡なう

ゴォゴオゴォゴォゴォゴォゴおx後cお

うるさすぎる

本当にうるさい

正直タイミングが悪い自分に今嫌気がさしている

周りが報道ヘリコプターの音で正直うるさすぎるのだ

陥没だか沈没だか何かわからんが、どうやら穴が開いたらしい

今朝からそのニュースで持ちきりである

営業の際に、話のネタに尽きない話題とはなったが、それ以上にこのまま寝れるのか心配なくらいの爆音が周囲に轟いている

さらにこの事故は自分に何かを暗示しているのではないかと、恐怖心さえ芽生えてくるのである
今日これから繰り出す福岡中洲な街で起こる何かを暗示でいるのか?
明日の大統領選開票を控え、ドナルドトランプ氏が大統領になるという最悪な事態を案じているのか?

陥没といえば、高校生の頃ある陥没した〇〇の話で盛り上がったことがある
これは人の部位に関することだが、その部位が極めてまれに陥没しているらしい
その陥没した〇〇はある刺激を与えることで陥没状態から脱し、極めて通常の状態に変化を遂げるのだという
さらにそれは、硬直化し、陥没であったことが嘘であったがの如く、変身を遂げるのである

私たちは高校生の中でその人種を「陥没」とよんだことを今でも鮮明に覚えている

実に興味深い

私は、その「陥没」に出会える日を心待ちにし、この41年間を生きて来た

しかしながら、昨日まで「陥没」には出会うことがなくここまで過ごしてきた


ニュースでは「陥没」というワードが躍り、アナウンサーは「陥没」と叫び、あたりは歓喜に沸いている


今日私は偶然にも福岡で「陥没」に出会ってしまった


「陥没」を治し方は私が高校生の時から知っている



さあ、私が隆起させて、この陥没した穴を塞いで見せよう


さらにそれを硬直化させ、コンクリートを埋めるというバカらしい作業をなくし、私の
ヒーロー伝説を作り上げようでないか


みなさん、明日のニュースを期待していてください

4人のおっさんたち in Honolulu Airport lounge

アロハ〜〜

ハワイ最終日
ホノルル空港ラウンジからブログを書いている

ホノルル空港ラウンジでMacBook Airキーボードをカチカチと大きな音で叩いている色黒でイケメンを見つけたならまさしくそれが自分である

ハワイといえば、日本人が半分くらいいるんでないかというくらい多くの日本人が旅行に来ている
基本は、カップルやファミリーだったりするのだが、私みたいに結婚式でシングルでくるのは珍しいのではないだろうか?

実は今隣で4人の日本人のおっさんたちがラウンジの丸テーブルを囲みながら喋っている
と言うよりだべっている
このおっさんたちはハワイに4人で何しに来たんだろうと興味本位でダンボのごとく聞き耳を立ててみた

アロハシャツのおっさん 「お前焼けたな」

メガネのおっさん、小太りのおっさんは貧乏ゆすりをしながら頷く

真っ黒いおっさんは 「そんなことないよ」

真っ黒いおっさんはまさに梅宮辰夫ばりの黒光りを放ち、不自然に白い歯とオールバックの白髪が彼のその妖しさを良い一層際立たせる

先ほどの会話から察するに、この真っ黒いおっさんは日本出発時にはそこまで黒くなかったと推測される
なぜこんなに日焼けの差が1人だけ圧倒的に違うのだろうか・・・

すると真っ黒いおっさんは一言小太りのおっさんに「お前太ったか?」とニヤニヤしながら、質問をした

小太りのおっさんはより一層激しく貧乏ゆすりを繰り返し、怪訝そうに「ソナゴドないウゴォー」と少し日本語として理解できないような言語を発した

会話から察するにこの小太りのおっさんは、出発前まではこんなに太ってなかったのだろうか

どういうことだ?
このおっさんたちは、ハワイに4人できて何をそんなにお互いを罵り合い、ハワイの大地を揺らすほどの貧乏ゆすりをくらい返すのであろうか?
人には言えない複雑な関係のおっさんたちなのであろうか?

アロハシャツがどうだの、メガネがどうだの、息がどうだの、ズボンがどうだの、靴下がどうだの、ウォッbでうだの、だの、だの
マシンガンのごとく罵り合いである

しかしよく聞くと五十歩百歩の罵り合いが続いているが、もはやおっさんたちでそんな罵り合いをして何をしたいのだろうか?
なぜ4人で旅行に来ているのだろうか?

これはもしや、かつて私がドッグランで遭遇した飼い犬たちのケンカのような馴れ合いのような状況なのでないだろうか?

だとしたら、かなり仲がいいおっさんたちである

でもこのおっさんたちのボキャブラリーの低さには本当に呆れるばかりである

できればタモリボキャブラ天国を見ていただきたい

基本他人の容姿をけなすだけの罵り合いを繰り返し、つまらない会話を続けている

本当に何をしているのだろうか?

いい加減その低俗な会話をやめたほうがいい

おっさんたちはここからゲットアウト・・・・・







ん?


メガネのおっさんが、奇妙な声を発した






その瞬間、真っ黒なおっさんは過去最大と言える貧乏ゆすりを放ち、頭を抱えた







「ロン」








ロンとは何だ・・・・











「ピンフドラドラ、マンガンです」










ピンフドラドラあああああああ??





マンガンンンンンンンンンンンンンンンンンnnnn??






おいこれは麻雀でないのか?





麻雀以外の何ものでもない




よく見るとおっさんたちはテーブルを囲み、簡易麻雀をやっているのではないか





貧乏ゆすりはそのためだったかあああああああああぁぁぁっぁぁ





あの低レベルな会話の罵り合いは、お互いの手の読み合いだったのかアォァオァオァォアァァァッォォォォォォアァオx






さっきからのガラガラ音はハイを混ぜる音だったのかうごcな王sないvfb;あdm;あ、smcsまl





オォォォマアイィィィィイィゴォォォォォォォォオォッt








空港での待ち時間は確かに暇である







その時間を麻雀をするという暴挙に出たおっさんたちは最強である









こんなおっさんたちに制裁を食らわせていただきたい










そろそろ搭乗時間である




こんな空想をする時間がたっぷりあった・・・・・・




すいません。。。。。。。。。。。









アロハ〜〜〜